こんにちは

 

おくるま!ストアのスタッフNです!

 

今日はクルマに関する話題から。

 

「Yahoo!検索大賞」クルマ部門の大賞は「ハリアー」に選ばれました!パチパチ

 

その年に前年と比較して検索が上昇したキーワードに送られる「Yahoo!検索大賞」

 

 

2017年のクルマ部門にハリアーが選ばれたのは

 

マイナーチェンジしたことが大きかったのではないかと思います。

 

そんなよく街中でも見かける中古車市場でも人気のハリアー。

ハリアー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は一度生産中止になっていることをご存知でしょうか?

 

初代モデルが登場したのは1997年12月。

 

その後2003年に2代目へとモデルチェンジをし2013年まで10年間製造されておりました。

 

しかし、その後レクサス版として登場したのがRXです。

 

そもそもハリアーは内装の豪華さ等から、高級車思考向けに製造されておりましたので

 

レクサスRXが登場以降ハリアーの人気が下降したこともあってお役目御免の判断をされ生産終了。

 

役目を完全レクサスRXへ受け継ぐ形となりました。

 

ところが生産終了すると、販売店から強い要望が入ります。

 

「ハリアーを求めているお客様がいる。なんとか生産再開を・・・!」

 

そんな強い要望もあり、ハリアーはモデルチェンジを行い

 

3代目として復活したのでした!

 

そしてそのハリアー3代目のレクサス版として生産されたのがレクサスNXなので

 

2車種は兄弟車なんです。

 

そんな波乱万丈、紆余曲折ありながら今日に至るハリアー。

 

弊社でもお客様から、「店頭のハリアーが欲しい」「◯◯なハリアーを探して欲しい」とご要望いただくことがよくございます。

 

実はと言うほどでもありませんが、ハリアーを探しをご用命いただくお客様の比較車両になるのは

 

同じSUVよりもアルファードを検討される方が多いという印象です。

 

「出来る大人が乗る車」

 

「都会的」

 

「アバンギャルド」

 

が共通のイメージであり、メーカーとして収入や客層など販売ターゲットが同じでミニバンかSUVの違いだけで

 

価格帯や装備も同じように家族構成やライフスタイルで選べるように設定していますので

 

両車両を検討するお客様が多いのだと思います。

 

またコスト意識の高い方はリセールバリューの情報も多く出ていますので

 

そんな共通のところも影響しているのではないかと思います。

 

そんな一度死んでも生き返る

 

芸能界で言う有吉さんみたいなハリアー。

 

弊社でも在庫も、もちろんのこと

 

在庫に抱えていない車でも、色や年式、装備などご用命いただければお探しいたしますので

 

ぜひご用命くださいー!

 

おくるま!ストアのコンシェルジュサービス申込ページ

 

もちろん買取も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です