こんにちは。

おくるま!スタッフのNです。

今日も神戸からお届けいたします!

さてさて、最近はとうとう冬を感じる気温となってまいりましたね。

 

外での洗車や写真撮影などが厳しい季節となり、ハンドクリームがかかせません(笑)

 

ということで、今日のお題は洗車についてですー。

 

こんな時期でも大切な愛車を洗ってあげないといけない

 

でも、外は寒い・・・!

 

そんな中で決意してやったのに、洗う順番等、うっかりが原因で

 

やり直し(しないまでも意味ない・・・!)ってなったら、ショックすぎますよね。

 

(私も最初の頃は上司から怒られていました(苦笑))

 

そんなショックを受けないために、少しでも皆様のお役に立てたら幸いです~

 

〈 目次 〉

■洗車は汚れを落とすためだけじゃない?!

■洗車に適した天候

■洗う順番

■用意すべき道具

■洗車は汚れを落とすためだけじゃない?!

 

■洗車は汚れを落とすためだけじゃない?!

早速ですが、最近はだいぶ少なくなってきましたが

 

まだまだ洗車はただ汚れを落とすだけと思っている方がいらっしゃいます。

 

もちろん「汚れを落とす」なのですが、汚れという過去だけではなく

 

未来にも目を向けた目的が存在します。

 

それは、汚れにくくするということです。

 

過去の汚れを落とす作業と未来の汚れをつきにくくするという作業の双方を

 

しっかりと行うことによって、愛車はキレイな状態で長持ちしますし

 

その分愛着が湧くので運転も丁寧になり、事故を起こす確立も減るのではないかと個人的には思っております!(結構本気で)

 

■洗車に適した天候

天候  
   △
晴天(早朝)    ◯
晴天(日中)    ☓
晴天(夕方)    ◯
曇り    ◯
強風    ☓

 

大体の目安にはなりますが、ご参考までに。

雨の日よりも晴天の日中。特に夏の炎天下の中は避けていただいた方がよろしいかと。

洗車しているそばから、ボディに掛けた水や、洗い流していない洗剤などもすぐに乾いてしまい

結局汚れがひどくなったり、ムラになってしまったりと良いことないんです。

そのため、晴天の日に洗車したい場合はまだ気温の低い早朝や、夕方、

または屋根があり日陰で作業が出来る場所などで洗車することをオススメします。

また、晴天同様に強風の日も避けていただいた方がよろしいかと存じます。

理由は単純で、洗っているそばからホコリや砂など様々なモノが飛んできては付着するからです。

付着したタイミングで磨く=ホコリや砂でヤスリ掛けしているようなもの

これは当時の上司に、強風の日に洗車しようとした時に、優しくも目は厳しくご指導いただきました(笑)

そもそもの目的は、愛車をキレイにしよう、これからの汚れをつきにくくしようとして作業しているのに

そのせいで車に傷が付いた、汚れたは悲しすぎますよね。

そのため、可能な限りですが洗車は風の少ない曇りの日が絶好の洗車日和といえます。

もし万が一、車好きなご主人が勢い余って洗車しようとしてたら止めてあげてください。

では、洗車する天候が分かったところで、次はどこから洗車すべきか。順番についてです。

 

洗車作業風景

■洗う順番

基本的には洗う順番は上から下にかけて洗うです。

私はこれを知ってから、自分自身がお風呂に入る時も同様になりました。

理由は汚れを落とす度に、せっかく既に洗った他の部分に付かないようにするためにです。

しかしながら例外もあります。それは足回りです。ここは他と違い特に汚れやすい部分であるため

最初に洗わないと、せっかく汚れを落としてきたのに、最後の最後に他に飛散して悲惨なことになります。

つまりは、(トータルクリーニングにおける室内はまた今度)

①まずは汚れ状態の確認 ※ここでひどい汚れがある場合は最初に。
②すすぎ
③足回り
④天井
⑤窓ガラス
⑥ボンネット
⑦後方
⑧サイド

の順番で洗うとキレイになりますので、今までは別の順番で洗っていた方はぜひお試しください。

コツ、最も重要なのは①です!

■用意すべき道具

用意したいのは

・スポンジ

・バケツ

・洗剤

・水拭き用タオル

・ホイールクリーナー

・ホイールスポンジ

・タイヤワックス

になります。

特にまだ揃っていない、買い替えを考えている方にお勧めなのは

シュアラスターさんです。

https://www.amazon.co.jp/

スポンジ1つに拘りが詰まっていて

ものすごく洗いやすいですし、超優秀です!

その証拠にみんカラというサイトにおいても

口コミ数や評価などで発表されるパーツオブザイヤー(要は部門ごとに何が人気か分かる表彰コンテンツ)でも

カーケア用品は軒並み各部門1位を取られています。

http://minkara.carview.co.jp//

 

もう少し詳細な洗車の際のケアの仕方や

これからの汚れに対する汚れにくくするコツはまた別の機会に詳しく解説いたします。

日常の車を買う、売る、整備など、全てのことに対して

なにかお困りの場合はぜひご連絡くださいませ!

電話番号:0120-86-8209

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です